かつらははげの人の救世主

髪が薄くなるのは寂しいことです。はげになってしまった場合の対処法は植毛もありますが、手っ取り早いのはかつらです。現在かつらにはいろんな種類があります。まず脱着式のものです。留め具やテープで簡単に固定ができるので自分で取り外しが簡単にできます。着脱が簡単なので取り外してシャンプーができます。デメリットは留め具をつけたまま寝ると枕で擦れて痛くなるなるので装着したまま眠ることはできません。連続で装着するタイプもあります。このタイプはかつらメーカーで装着してもらいます。接着剤で固定する方法なので最長3週間から4週間くらいはつけたままになります。着けた当日は洗髪はできません。メリットは何をしても取れないことです。ずれたり外れたりがありません。デメリットは自毛が伸びるので接着剤が緩むことです。なので2週間から4週間で店舗で調整しないといけません。はげの人が装着しても気付かれないようにするポイントは、自毛となじんでいるかどうか、自然な分け目があるかどうかも重要です。自然な分け目を作ってぼかし気味にすることです。髪の色やつやや癖が自分に合ったものがいいです。そして生え際も大切です。生え際に細かい毛や産毛を作りぼかすことです。

かつらではげてきた頭をカバーしよう

髪の毛がはげてくる問題は意外と気にする人も多いですし、深刻な問題です。深刻といっても危険とかそうゆうわけではありません。自分自身が気ににしてしまったり、周りの視線が気になったりします。髪の毛を気にしている人の中には育毛剤などを使ったり、わかめなどを食べたりと食事に気を配ったり人それぞれやり方や方法は違っても努力はしていると思います。その結果効果があり改善される方もたくさんいます。でもなかなか効果もなく改善されない方も多くいると思います。効果もなく改善もなかんかされないとなるとあきらめてしまったり、続かなくなってしまったりして結局なにも変わりません。お金だって結構かかってしまいます。いろいろ試してあまり改善されないのであればかつらをかぶるという方法もあります。かつらではげを隠していると考えるとなんとなく恥ずかしいと思うかもしれませんが、けっして恥ずかしいことではありません。最近ではウィッグなどをかぶる人が増えてきているので全然問題ないです。いろんなものがあるので自分にあったもので楽しみながらかつらをつかってはげをカバーするのもいいです。なかなか改善されずになやんでいるより自信をもつことができます。